中学受験対策

中学受験に向けて何をどのように勉強したらいいのかわからない・・・
塾に行っているのに成績が上がらない・・・
中学受験のための塾や家庭教師を探している・・・
近くに中学受験対応の塾がない・・・
特殊算を教えてほしい・・・
親が教えるといつもケンカになってしまう・・・

悩んでいるママ

このような悩みは、中学受験を考えている小学生のお子さんをもつ親御さんに多いのではないでしょうか?

中学受験と言っても私立、国立、県立の中高一貫校など受験する中学校によっても、問題の難易度はもちろん、受験科目や出題傾向も違います。

私たちPEACE NETでは、
中学受験を考えているご家庭のご要望に合わせた指導を行っております。

ステップアップ学習の図

STEP1.
まずは学校の授業(基礎)の見直し

中学受験対策をしていく前に、まずやるべきことがあります。

それは、今まで習ってきた学校の授業の復習です。

忘れてしまっていたり、わからないままになっている基礎がないかを確認をしていくことが大切です。

基礎ができていないままで、受験問題などの難易度が高い応用問題を解こうとしても、解けなかったり、時間もかかってしまい学習効率も悪くなってしまいます。

そこでPEACE NETでは、まずは学校の授業の基礎をカンペキにできるように、今までのおさらいから計画を立てて指導を行っています。

まずは、焦らずしっかり基礎固めをすることで、解ける応用問題も増えていき自信につながっていきます。

STEP2.
応用問題・特殊算に慣れる

学校の授業の基礎がついてきたら、次に学校では習わない特殊算の練習や応用問題などの指導に入ります。

難しい特殊算も大切なポイントに絞って家庭教師の先生がじっくり解説しながら指導を行っています。

何度も繰り返し問題をときなら応用問題に慣れていきます。

STEP3.
過去問で受験問題に慣れる

応用問題に慣れてきたら、過去問や中学受験で出題されやすい問題に絞って指導を行います。

受験する学校によって問題のレベルや内容もさまざまですので、受験する学校の過去問を使うのがベストです。

ここまできたら、あとは受験問題に慣れることと、時間を図って解くスピードや正確さのチェックも行っています。

解けない問題があれば、基礎に戻って解説をしながら担当家庭教師がサポートを行います。

入学後も見据えた
お子さんに合った勉強のやり方

もちろん目の前の受験に合格することが目標ですが、実際に入学してから勉強につまずいてしまい、挫折してしますお子さんもいらっしゃいます。

受験勉強を頑張って合格したのに、これではあまりにも悲しいです。

中高一貫校の特徴

中高一貫校の特徴

中高一貫校の授業では、基本的に応用中心の勉強をしていきます。
そのため、家に帰ってからの復習と、次回の授業の基礎である予習をしていくことが授業についていくために欠かせないことです。

しかし、「宿題も多くなかなか予習・復習に時間が取れない」とよく言われます。
忙し中でも効率よくポイントに絞った予習・復習のやり方を身につけることで、学習時間を有意義に使えるようになります。

PEACE NETでは、入学後も学校の授業に付いていけるように、お子さんに合った効率の良い『一人のときの勉強のやり方』も教えております。

まずは、お気軽にご相談ください。

無料体験授業では、専門の学習アドバイザーがお子さんの様子をお伺いしまして、お子さんに合った勉強法をアドバイスさせていただきます。
体験授業を受けたからと言って、必ず申し込みしなければいけないというわけではございませんので、お気軽にお申込みください。

中学受験対策コースの料金は、
通常の小学生向けの料金となります。

小学生コースの詳しい料金・割引についてはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-059-121
[ 受付時間 ] 13:00~22:00 定休日:日曜日

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ

無料体験授業受付中!

体験授業のお申込みはこちら